携帯電話とメッセージ方式

2Gで携情電話がデジタル化すると、音声以外のデジタルデータを、端末とネットワークとの間で交換できるようになりました。これを利用した、端末または端末とネットワークの間で文字情報を交換するシステムが、メッセージサービスシステム(メールシステム)です。2Gでは当初、短いメッセージしか 送信することができなかったため、のちにもっと長いメッセージ、を送ることが できるメールシステムが登場したときに、これらを「ショートメッセージシステム」と呼び区別するようになりました。

その後、 2,5Gでパケット通信が可能になると、比較的長い内容を送ることができるメッセージシステムが登場、携帯電話ではとれを「メール」または 「電子メール」と呼んでいる。携帯電話 に力メラが搭載されると、画像や動画などを添付したメッセージの作成も可能になりました。

また、2.5Gのメッセージシステムでは、インターネットのメールシステムとの接続が行われ、相互のデータ交換が可能になりました。しかし、受信側の携帯電話に通信料金が発生するのに対し、インターネット側からの送信には課金が発生しないため、いわゆる「迷惑メール」の温床となってしまいました。

しかしながら、少しずつ改善されたことによって、迷惑メールの温床は解消されるようになって来ています。さて、携帯電話では電話やメッセージの送信などのデータ通信が中心ですが。携帯決済現金化をする人もいます。具体的にはアマゾンなどの商品券を携帯の決済で購入し、転売するという手法です。これによってなるべく早くお金が必要な場合に対応することができるので覚えておきましょう。