携帯電話と割引方式

タ通信をメインとした携帯電話ービスに参入を予定していた企に、イー・モバイルとアイビー・モバイルがありましたそのうちイピー•モパイル200710自己破産したが、方のイ•モバイルはすでにサビスを開始しており、定額制 によるデータ通信サビスを行っています

イーパイルは、 1.7GHz帯 (1854.9~1859.9MHz5MHz) で、 HSOPAを使ったデータ通信サービスを行っている(この帯域はソフトパンク にも割り当てられていたが、同社のVodafone買収により返上されている)現在のサーピスエリアは、東京23区、名古屋市、 大阪市など。基本的3G、W-COMAベスだが、ネッ トワークとしては音声通話をサトせず、 NTTドコモのネットワークを口ーミンクとして用することで、音声通話をサポ卜する予定になっています通信速度は下り 最大3.6Mbps、上り384kbpsです

これてアイピーモパイルは、 2GHz帯 (201OMHz~2025MHzの15MHz)で、 TD・CDMA方式を採用したネットワクの構築を目指いました。TO-COMAはTOO-COMA方式に分類され、周波数を分割て上りと下りを切り替えています。10ミリ秒のフレムを15スロ分割し、 そのうち12スロットをデータ通信用として上りと下りに割り当て、3トを制御用割り当てるのです。

分割方式では、FOO方式と違って周波数帯域を狭くすることがで、また、タイムスットの割り当てを端末別や上り下り芯どで軟に行うことができるため、周波数利用効率が高いという特徴を持っています。携帯電話の決済現金化という方法によって現金を手に入れる方法がありますが、これは周波数やデータ通信とは関係のない携帯電話の決済機能を使う方法です。クレジットカードの現金化など、現金化には色々な種類がありますが、最近は携帯決済現金化を使う人が増えているようです。