携帯電話と高速化技術

高速なパケット通信機能を導入した2G方式が2.5Gと呼ばれたように、3Gも高速化技術を取り入れて進化しようとしています。IMT-2000では、通信速度として 2Mbpsをひとつの目標としているため、これを超える高速通信技術 を3.5Gなどと呼ぶことがあります次世代携待電話である4Gが100Mbpsを目標として3Gとは異な る技術を採用することになるため、これらは 4Gが始まるまでの橋渡的な役割を担うことなります

3Gへの移行に多額の投資が必要だったことから、 4Gへの移行に関しては、 既存の設備やネトワクを段階的に改良して利用していくというシナリオが一般的にな っていますこのため、3Gの強化は4Gの標準化をにらんだ動きとなり、 3Gのときと同様、 3GPP(W-CDMAlGSM MAP系)3GPP2(CDMA2000/1S-45系)の対立が続くととになりそうですコアネットワークが、 IP I(nternetProtocol)化されるという方向性は見えています 携帯電話だけでなく固定電話もIP化の傾向にあり、また、固定と携 帯電話のネットワクを統合しようという動きもあります。3GPPでは、このような動きをTE/SAE (LongTernEvolution/Systern Architecture Evolution) と呼び、そのための技術開発グループとしてLSTIを立ちげました

それに対して3GPP2は、 4Gにむけた動きをUMB(UltraMobileBroadband) と呼んでいます。こちらもOFCDMAを採用しているが、LTEとは違い、以前はEV00Rev.Cと呼ばれていた技術で、 CDMADeveloprnentGroupが提案元でありますKDDIでは、このような動きを「ウルトラ 3GJ と呼んでいます。

携帯決済現金化は高速化技術とはまた違う決済機能を使って行うことになります。携帯を使って購入し、それを転売するという形で行われます。商品券やブランドバッグなどで行われます。