携帯電話とwebサービス③

ソフトパンクモパイルはJフォン、ボーダーフォンと、過去2回にわたって経営主体が代わっているため、サービスが混在した環境になっていました。J-フォン時代は、 2GでPDC方式を採用しており、 PDC-Pをパ ケット通信方式として採用したものの設備変更が間に合わす、 部地域では 回線交換を使ったモバイルWebサービスも行われていました。

次のボ一夕フォン時代には、 3Gのシステムを導入し、パケット通信を使ったインターネット型のモバイルWebサービスの提供を開始した 。その後、WAP2.0/MS(Multimedialv1esagingService) を標準方式として導入したVodafoneLive!と呼ばれるモパイルWebサービ スの提供を開始。EU圏を中心に事業展開を行っていたボーダフォン が、既存のGSM/GPRS八NAPをベースしたコンテンツサービスを日本で展開したものです。なお、現在のYahoo!ケータイと呼ばれるモバイルWebサ ー ビ スは、このVodafoneのサービスがもとになっています。

このような背景のなか、ソフトパンクモバイルのモパイルWebサービスでは、端末をC型 (PDC回線交換のみ)、P型 (PDC回線交換およびパケット交換に 対応)、 W型 (3Gパケット交換およびGPRSIこ対応)、3GC型 (WAP/MMS に 対 応 ) の4つに分 けています。

このように携帯電話各社のwebサービスは進化を遂げて来たのですが、携帯電話による携帯決済現金化も進化を遂げて来ました。かつてはブランドバッグなどが買われる対象でしたが、今対象されているのが、アマゾンのギフト券などです。かつては最も買われていた高級ブランドのバッグも時代の流れによってネットのギフト券に変化して行ったということです。