携帯電話のwebサービス②

iモードは過去にNTTドコモが提供したモパイルWebサービスです。それまでも、携帯電話にパソコンを接続してインターネットへアクセスすることは可能でした。しかしながら、 iモードは、 携帯電話単体でコンテンツブロパイ ダによる情報サービスと電子メール、さらにインターネット上のWebサイトへのアクセスを可能にしました。
iモードでは、標準としてCompactHTMLと呼ばれるHTMLのサブセットを使い、 HTIPをベースにしたALP(AplicationLayer Protoco)lまたは HTTP+と呼ばれる独自の転送プロトコルを利用します。また、セキュリティのためには 、インターネットでも使われている SSLという機能を利用します。ALPが HTIPに似たプロトコルで あるため、SSLをそのまま使うことができたのす。

ALPの下にあるプロトコルは、 TLP(TranspoパLayerProtocol)と呼ばれ、 インターネットではTCP/IPに相当するプロトコルです。専用プロトコルを使っているのは、 携帯電話のパケット通信がそれほど高速ではなく、無線特有の処理があるために、汎用のプロトコルが使いにくかったからです。このような形で携帯電話の通信機能は日々携帯キャリア各社によって改善されています。

また、最近はクレジットカードを使った現金化だけでなく、携帯を使った現金化も行われるようになっています。専門業者もいますが、優良な業者とそうでない業者がいますので、事前にリサーチする方が無難でしょう。