PHSのデータ通信②

PHSのデータ通信には、回線交換型の PIAFSやパケット方式による通信、 両方を自動で切り替えるフレックスチェンジ方式などが使われてきました

PHSTDD-TDMAであり、端末は割り当てられたタイムスロトを利用します空いているタイムスロットを使うことで、32kbps256kbpsまでの通信を可能にしました。

その後、さらなる高速化を行うため、従来のπ/4シフトOPSK加え、 8値 PSKを採用したW-OAM方式が導入されましたこの方式では1x~8xのタイムスロットを使うが、従来のπ/4シフトOPSKに比べて倍のビトを同時に送ることができるため、タイムスロトひとつあたり、 51kbpsの通信が可能になりました。携帯電話の現金化はキャリア決済と呼ばれるもので、通信とは別の使い方となります。携帯決済現金化を利用して現金化する人も増えていますが、様々な業者がいますので、悪質な業者に気をつけるようにしましょう。

なお、WILLCOMではOFDMA(OrthogonalFrequencyDivisionMultiple Access)と呼ばれる方式を採用した次世代PHSシステムを開発中であり、数10Mbps程度の 通 信速度を目標としています。PHSはセル半径が小さい上に、通信距離が短く、セル内の端末も少ないため、さらに通信条件が向上する余地があります。携帯電話など、セル半径の大き芯方式よりも有利な部分があるのです。